人気ブログランキング |

苦しかった日々...



b0198768_229553.jpg



始まりは7月24日の火曜日早朝からの出来事。
同日の早朝妙な寒気で目が覚めた。
熱が出ているのか?体温計で熱を測ると38度台の熱が\(◎o◎)/!
前の晩には、何の予兆も無かっただけに、この久しぶりの高熱に驚き、会社を休み、かかりつけのお医者さんへ。
そこで診てもらうと喉が赤くなっている様なので『風邪ですね』と、診断され、薬を処方してもらい帰宅。
薬を飲んでおとなしくしていていると、一時的に37度台に熱は下がるが、夜になると、どんどん体温上昇。
トップの写真は39.5度だが大台の40度(さすがに40度も熱が上がるとカメラを構える力も出ない)に達したので
貰っていた解熱剤を飲むも3時間程しか持たず
大汗をかきつつ暑いんだか寒いんだか分からない様な状態でその夜を過した。

翌日25日も、かかりつけの病院へ。今日は『点滴をしましょう』と点滴をしてもらいその日も帰宅。先日貰っていた薬を飲み、おとなしくしていると
昼間は幾分熱が下がるが、夜になると又熱が上がっていく。

翌日26日も点滴をしてもらうも余り症状の改善も見られず。
その日の夜、点滴をした方の腕の腋の下10cmから手首の上15cmまでが赤くはれているのに気付た

翌日27日、起き立ての体温は38.5度だったが、ごそごそ動いていると37度台に熱が下がってきた。
何となく仕事に行けそうだったので出社、2件程修理をこなしたが、もうヘロヘロ状態。
やはり5時まで持ちそうにないので、半日で上がらしてもらう。夕方3度目のかかりつけ医へ。赤く腫れた
右腕を見てもらうと、消毒用のアルコールまたは点滴を止めているテープにかぶれたのでは??
という事で、今度は左腕に違う消毒液を使い、かぶれないテープを使い3本目の点滴を。
帰宅後今回の左腕の他に、身体のあちこちに赤い発疹が出てきている。

翌日28日、朝一かかりつけ医に行くと『大きな病院で見てもらった方が良いみたいですね紹介状を書きますが
どこが良いでしょうか?』と聞かれたので『倉敷中央病院で』と答え紹介状を書いてもらい、その足で倉中へ。
検尿、血液検査、その後内科で受診すると、かかりつけで貰ってせっせと飲んでいた薬でのアレルギー反応らしい。
倉中では点滴を打ってもらい、薬を処方してもらいこの日は終了。

29日は日曜日で休み、体中の発疹も増えて来ているし体温も38度台を行ったり来たり。
何か急に苦しくなったりしないだろうか??と非常に不安な一日を過した。

翌30日も倉中で色々な検査をして色々な科で見てもらった。

翌31日も予約が有ったので行くと、いきなり『1週間ほど入院しますか?』といわれるが、自分の車で来ているし
心の準備も、物の準備も出来ておらず、とりあえず一旦自宅に帰り、幸い娘が2人ともいたので色々準備してもらい
何とか倉中に入院出来た(1時間ほど遅れてだが)







ここからは携帯のカメラです。


b0198768_2045781.jpg

b0198768_2054084.jpg

身体にはこれより激しい発疹が出ていました。
一応毎日シャワーは出来るので、シャワー室の鏡に写った自分の姿を見てかなり驚きました\(◎o◎)/!
たとえるならばモザイク模様の床と言うか、赤白オレンジが混じったキリンとか。


入院中は基本的に薬は飲まず、朝、晩の塗り薬で過し熱が出る時だけ解熱剤を飲んで頭を冷やし寝ていました。
食欲も余り無く体重も落ちました。
でもやはり適切な処置のおかげで日に日に発疹も薄くなり熱も出なくなり楽になっていきました。


身体が楽になって来たので、入院している棟の最上階に屋上庭園なるものが有るので上がってみました。
眺めもよく天気も良く、倉敷の町の上空には夏空が広がっていました。


b0198768_22154047.jpg



b0198768_2217448.jpg



今回こういうかたちで生まれて初めての入院なるものを経験しました。
入院して初めて大きな総合病院の意味、各科の医師の方々又それをサポートする看護師の皆さんの
『大切な命を預かる人達』としてのプロ意識に改めて頭が下がる思いでした。
[適切な処置のお陰で8日の入院で済み昨日無事退院することが出来ました。]
[又仕事では、丁度忙しい時期にダウンしてしまいメンバー全員の負担が増えたと思い、申し訳無く思っています]
by Exmor | 2012-08-08 20:05 | 色々...

誰も見向きもしない、足元の小さな草花を写してみたりもします。


by Exmor
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31